sponsord link

2008年09月30日

ビーチバレーボール 画像〜写真

 ビーチバレーボール界をリードする株式会社ケイブロスは、スポーツ界と芸能界の橋渡し的存在となり、ビーチバレーボール、バレーボール、芸能の側面から芸能活動、及びスポーツ振興活動をしています。このホームページでビーチバレーボール畑信也さんと浅尾美和さんの「お宝写真館」として画像を見ることができます。

 所属タレントは、マルチタレント、バレー解説者でおなじみの川合俊一さん、インドアバレー、ビーチバレーでオリンピック4大会連続出場を果たした高橋有紀子さん、現在男子ビーチバレー界の次世代のエース、畑信也さん、春高バレーのヒロインで、ビーチバレー転向2年目にして将来の女子ビーチバレーを背負って立つといわれている浅尾美和さんです。
 そのほかビーチバレーに関する情報、プロビーチバレープレーヤーについての事も知ることができます。
 
 ケイブロス所属タレントとビーチバレーボールのこれからの活躍ご期待できます。ビーチバレー界をリードする株式会社ケイブロスは、スポーツ界と芸能界の橋渡し的存在となってビーチバレーボール、バレーボール、芸能の側面から芸能活動、及びスポーツ振興活動をしています。所属タレントは、マルチタレント、バレー解説者でおなじみの川合俊一、インドアバレー、ビーチバレーでオリンピック4大会連続出場を果たした高橋有紀子、現在男子ビーチバレーボール界の次世代のエース、畑信也、春高バレーのヒロインで、ビーチバレー転向2年目にして将来の女子ビーチバレーボールを背負って立つといわれている浅尾美和。そのほかビーチバレーボールに関する情報、プロビーチバレーボールプレーヤーについても伝えています。
 
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 03:25| 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

ビーチバレーボール 画像〜月刊チャージャー

 無料webマガジンの月刊チャージャー(Theme No.10)は、ビーチバレーボール選手の浅尾美和さんのインタビューと多数の画像を載せています。

 世界の舞台で戦いながら、ビーチバレーボールでの五輪出場を目指している浅尾美和さん。毎日厳しいトレーニングに打ち込みつつ、本気スポーツ系グラビアアイドルとしても大活躍です。健康的な笑顔の魅力が弾けている。五輪に向けての決意と素顔に迫るため、平塚のビーチで練習中の浅尾美和さんを直撃しています。

 インタビューでは、今の目標の北京オリンピックに出場することや、宮古島で10日間の合宿の事から始まっています。宮古島では練習風景も交えた写真撮影もあったそうです。高校を卒業してビーチバレーボールで生きていくって決めてから、プロ選手としてグラビアのお仕事もやっていくことになったそうです。それから、試合用の水着を数十着持っているとも話しています。

 今年からはアディダスがビーチバレーボールの選手たちの水着を開発してくれることになったようです。それらの直撃インタビューと、練習風景のスナップ写真集の画像がみられます。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 23:03| Comment(12) | TrackBack(2) | 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ビーチバレーボール 女子〜現在

 ビーチバレーボールは、1987年、国際バレーボール連盟(FIVB)公認の初の国際トーナメント大会がブラジル、リオデジャネイロのイパネマ・ビーチで開催され、これが第1回の世界選手権大会とされています。さらにFIVBは1990年、世界各地を転戦する国際サーキットを開始しています。

 1992年のバルセロナオリンピック開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸から100人以上の選手が参加し、公開競技が行なわれました。
 これらの盛り上がりを受けて、1996年のアトランタオリンピックではついにビーチバレーボールは、夏季オリンピックの正式種目となりました。

 日本でもこの後ビーチバレーボールは、少しずつ認知度も上がり、特に女子は、浅田選手をはじめバレーからの転向する選手の今に至る注目させる状態にまでなったのです。ビーチバレーボールといえばこの浅尾選手をイメージする人も多いはずです。

 今では女子ビーチバレーボールの浅尾美和選手などによりギャラリーが多くなってきています。鈴木選手や西堀選手浦田選手なども人気です。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ビーチバレーボール 新舞子〜アクセス

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから生まれた砂浜などで行われているスポーツです。浅田選手や鈴木選手浦田選手などご存知の人も多いかと思います。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦するメジャーになりつつある競技ですね。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。 今では女子ビーチバレーボールの浅田 美和選手などによりギャラリーが多くなってきています

 ビーチバレーボールなどのビーチスポーツが行われ、明治から昭和にかけて、一大別荘地として知られた新舞子
 今では名古屋から一番近く、お洒落な浜辺のリゾート地として一年を通じ、若者からファミリーまで多くの人々の人気を集めるベイエリアスポットとなっています。

 新舞子へは、公共交通機関を利用する場合は、 名鉄新名古屋駅から常滑線「新舞子」駅にて下車し、 駅から歩いて8分(所要時間40分)です。
  車を利用の場合は、 国道155号線・247号線(西知多産業道路)の知多市・江口インターよりすぐ または知多半島道路・阿久比インターから10分です。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新舞子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

ビーチバレーボール 新舞子〜人工島

 ビーチバレーボールなどが行われる、新舞子マリンパーク(しんまいこまりんぱーく)とは、愛知県知多市緑浜町にある人工島の公園です。
 
 アクセス方法は、対岸から島内へは2つの橋があるので、車で行く場合、産業道路を降りて「新日長橋」を通ると島内に入ることができます。
 鉄道の場合は、名鉄常滑線新舞子駅を降りて駅西側の「ファインブリッジ」を通ると島内に入ることができます。(徒歩約10分)
ただし、いずれの橋も午後9時から翌朝5時までの間は閉鎖されます。(島への出入りができない)
 
 駐車場は、海水浴シーズンとなる7月1日〜8月31日は500円の駐車料金が必要となりますが、それ以外の日は無料です。

 また、兵庫県たつの市御津町黒崎には、同じ地名のビーチバレーボールなどができる新舞子海水浴場(しんまいこかいすいよくじょう)はたつの市御津町にある播磨灘に面した海水浴場があります。
 料金は大人1,100円、小学生700円、幼児300円です。 期間外は無料で浜に入ることができます。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 新舞子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

ビーチバレーボール 女子〜歴史1

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから生まれた砂浜などで行われているスポーツです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦するメジャーになりつつある競技です。

 ビーチバレーボールは、アメリカ発祥のビーチスポーツで1920年代はじめ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされています、その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれました。
 
 草創期には6人制で行なわれていたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。
 1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーボールがメディアの注目を集めました。

 その後、そして、1960年、カリフォルニア州で第1回マンハッタン・ビーチ・オープンが開催されました。
この時期にフランスでもプロ・トーナメントが開催されている。競技団体の整備は1980年代に進み、1983年にはアメリカでビーチバレーボールのプロ選手らが自ら運営する団体、AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足しました。

 日本でも、最近は女子ビーチバレーボールの浅尾選手の活躍でビーチバレーボールの人気が出てきています。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ビーチバレーボール 選手〜歴史

 ビーチバレーボールは、現在アメリカ、ブラジル、オーストラリアの3か国が強豪国として知られています。
 著名なビーチバレーボール選手には室内のバレーボールから転向したプレーヤーが多いと言われますが、アメリカのカーチ・キライ、シンジン・スミス、ランディ・ストクロスらの活躍はアメリカ国内のみならず国際的なビーチバレーボールの人気を高める原動力となっっています。

 ブラジルからもエマヌエル・レゴやリカルド・サントスらのスター選手が登場しました。
 また、女子選手ではミスティ・メイやケリー・ウォルシュらがおもな選手として挙げられます。

 日本では川合俊一選手らが先駆け的存在となり、1987年、湘南・江の島海岸で第1回ビーチバレージャパンが開催されたのをきっかけに、ビーチバレーボールが広く認知されるようになしました。

 1989年には日本バレーボール協会が日本ビーチバレーボール連盟を発足させています。
 日本ではオリンピックで女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞している。

 また2002年、西村晃選手一と浦田聖子選手は日本初のビーチバレーのプロチーム、ウィンズを設立しました。
 2004年にビーチバレーに転向した浅尾美和選手は、モデルなどの活動を通してこれまでビーチバレーに関心の低かった層からも大きな注目を集めています。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

ビーチバレーボール 選手〜現在まで

 ビーチバレーボールは、アメリカ、ブラジル、オーストラリアの3か国が強豪国として知られています。著名なビーチバレーボール選手には室内のバレーボールから転向したプレーヤーが多いようです。
 
 アメリカのカーチ・キライ、シンジン・スミス、ランディ・ストクロスらの活躍はアメリカ国内のみならず国際的なビーチバレーボール人気を高める原動力となりました。ブラジルからもエマヌエル・レゴやリカルド・サントスらのスター選手が登場した。女子選手ではミスティ・メイやケリー・ウォルシュらがおもな選手として挙げられます。

 日本では川合俊一らが先駆となり、1987年、湘南・江の島海岸で第1回ビーチバレージャパンが開催されたのをきっかけに、ビーチバレーボールが広く認知されるようになりました。
 1989年には日本バレーボール協会が日本ビーチバレーボール連盟を発足させています。オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞しています。
 
 2002年、西村晃一と浦田聖子は日本初のビーチバレーボールのプロチーム、ウィンズを設立しました。2004年にビーチバレーボールに転向した浅尾美和は、モデルなどの活動を通してこれまでビーチバレーボールに関心の低かった層からも大きな注目を集めています。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

ビーチバレーボール 選手〜男子

 日本ビーチバレーボール連盟選手名鑑より、男子の選手です。日本ビーチバレーボール連盟男子選手名鑑より。

☆朝日健太郎・・・神奈川県登録、1975年9月19日生まれ、身197cm。
☆渡辺聡・・・ レオパレス・ウィンズ 所属、神奈川登録、身長192cm
        1975年8月1日。
☆白鳥勝浩・・・湘南ベルマーレ 所属、東京都登録、1976年10月29日生まれ、身長 191cm 。
☆西村晃一・・・レオパレス・ウィンズ所属、東京都登録、身長175cm
        1973年6月30日生まれ。
☆森川太地・・・ FOVA所属、 神奈川県登録、身長 190cm 、1975年
        2月25日生まれ。
☆山本辰生・・・愛媛県登録、身長 187cm 、1976年5月25日生まれ。
☆鈴木太郎・・・BTOC 所属、大阪府登録、1978年4月5日生まれ、
        身長 186cm 。
☆木村雄一・・・BTOC 所属、大阪府登録、1977年8月19日生まれ、
        身長 179cm 。
☆畑信也・・・PVA所属、神奈川県登録、1979年12月6日生まれ、身長
       185p。
☆相部保彦・・・KYUBA所属、福岡県登録、1980年2月7日生まれ、身長
        186cm 。
☆楠木孝志郎・・・ KYUBA 所属、熊本県登録、1984年2月17日生まれ、
         身長 176cm 。
☆中川一・・・Bice Bellona 所属、愛知県登録、1974年10月14日生まれ、身長190p。
☆仲矢晴央・・・BTOC所属、大阪府登録、1980年2月8日生まれ、186p。
☆尾崎寛之・・・FOVA /obf 所属、神奈川県登録、1975年5月13日
        生まれ、身長 178cm 。

☆高尾和行・・・ KYUBA 所属、福岡県登録、1967年5月12日生まれ、
        身長 181cm。
☆井上真弥・・・神奈川県登録、1982年3月6日 生まれ、身長 180cm 。
☆島袋康隆・・・大阪府登録、1979年6月11日生まれ、身長 180cm 。
☆高佳久・・・BREEZE/KYUBA 所属、福岡県登録、1972年6月27日 、
       182p。
☆ 備前徹・・・兵庫ジャイアンツ 所属、兵庫県登録、1976年6月20日
       身長190p。
☆東健志郎・・・KYUBA所属、熊本県登録、身長180p。1984年10月5日
       生まれ。
ビーチバレーボールの選手でした。
     
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

ビーチバレーボール ルール〜プレイスタイル

 ビーチバレーボールルールを基本にしたプレイスタイル

 ビーチバレーボールではポジション は、インドアとは違いコート内でのポジションは自由です。フォーメーションもありません。ただし、サービスが打たれるときにはコート内にいなければなりません。
 サービス トスは1回のみです。サーバーのチームメイトはレシーブをする選手の視界を妨げてはなりません。また、相手チームからの要求があれば、サーバーやボールがはっきり見えるように移動させられる場合もあります。サービスの順番を間違えた場合、反則となり相手チームに得点が入る。各チーム審判に順番を確認する事ができる。サーブ権が相手チームに移るまで同じプレイヤーが打ち続けます。

 レシーブ&パスは ビーチバレーボールでは、多少のホールディングは反則となりません。たとえば手のひらを上にしてすくうようなレシーブでも比較的問題にされない場合が多いです。ただし、明らかにボールが停止するようなプレーは反則となります。
 一方、サーブレシーブに関しては、ビーチバレーボールではオーバーハンドパスを反則ではありませんが比較的厳密にジャッジされる傾向があるようです。指先がばらつくとダブルコンタクトを取られます。強打のスパイクをオーバーハンドパスで受けることは反則ではありません。また、オーバーハンドパスで相手コートへボールを返す場合、両肩に対して直角方向でなければなりません。ただし、風で流れされた場合、その限りではありません。
posted by ビーチバレー 浅尾美和 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。